血液をきれいにする意義と癌の発症を妨げることとの関係性が理解できる情報サイト

自身の内部の治癒能力をフル活用することで癌は治るのか?

自然退縮の解明が癌を防ぐカギになる

一旦、癌に罹ってしまうと、癌細胞に対処した治療を受けなければ治らないというのが一般的な考え方です。
けれども常にそうとは限りません。
人に元来備わる免疫力が正常に機能していれば、治療をするまでもなく、ある程度は癌に罹るのを防いでくれます。

癌は時には自然退縮することもあります。
自然退縮とは、仮に癌ができてしまったとしても、時間の経過とともに自然に消えてしまうことです。
体内で自然退縮を引き起こすメカニズムが明らかになれば、癌の発症を防ぐことができます。
残念ながら、自然退縮を引き起こす方法はまだ発見されていませんが、免疫力などの体内での治癒力をいかに活性化させるかがポイントとなるようです。
体内に栄養を十分行き届かせるとともに、血流を良くすることで身体の新陳代謝を促して免疫力が向上すれば、癌につながる異常細胞を減少させることができると考えられています。

自然治癒力を高めることが癌の進行を妨げる

古くから自然治癒力には、自己再生機能や自己防衛機能などがあると言われています。
自己再生機能は、身体に外傷などを負ったとしても多少の傷であれば元通りに治すことができます。
自己防御機能は、外部から浸入してくるウイルスや細菌類などを妨げることです。
これらの機能は、相互に補完しながら同時に働くこともできます。
例えば、紙で指を切ってしまった場合には、傷口に浸入してくるばい菌の侵入を防ぎながら、切り傷の修復を図っているため、これらの機能が並行して役割を果たしているといえます。

ある程度進行している癌を体内の自然治癒力のみで消滅させることは、かなり難しいのが現実です。
けれども、自然治癒力を高めることで、癌の進行を多少なりとも遅らせることは可能です。
これを向上させるのに効果的なのは血液をきれいにすることです。
血液がサラサラになれば、自然治癒力が高まるので、癌の進行が抑えられるうえに、延命にもつながります。


このPostをシェアする