血液をきれいにする意義と癌の発症を妨げることとの関係性が理解できる情報サイト

血液を正常な状態に保つことが癌の治癒につながる

日本人の2人に1人は癌に罹る可能性がある

体表面を覆う皮膚や粘膜などが関わる上皮細胞に起因した癌には、肺癌や胃癌、大腸癌などがあります。
その多くは、成人が罹りやすいものです。
癌は正常な細胞の遺伝子が何らかの作用により傷がつくことで異常な細胞となって、増殖しながら周囲に拡散し血管などに入り込んで多くの臓器を機能不全に陥らせる病気です。
正常な細胞には、本来分裂や増殖をしすぎないように細胞数を一定に保つ制御機能があります。
一方、異常な細胞は体内の制御機能に反して勝手に増殖していきます。
増殖しすぎて身体に悪影響を及ぼす大きさとなった組織の塊を悪性腫瘍と言います。

癌の治療方法としては、がん細胞の増殖を抑える薬物療法や放射線治療、悪性腫瘍を切除する手術などがあります。
そのなかで最も適切な治療方法を選択するか、これらを組み合わせて治療を行います。
癌治療はその効果と副作用の様子を確認しながら、できるだけ身体への負担を抑えることが肝要です。

癌に罹るのを防ぐために取り組みたいこと

癌を患うまでには、細胞の遺伝子が突然変異するなどのさまざまな要因で発症すると考えられています。
異常な細胞が生じる仕組みは多種多様であり、全てが明らかになっているわけではありません。
このため、あらゆる癌に有効な治療方法が確立されているわけではない点を認識しておく必要があります。
また、一度罹ってしまうとその治療と完治も容易ではありません。

なるべくなら、癌になりにくくなるような生活習慣を心掛けたいものです。
血液循環を良くするような生活習慣に改善されれば、癌予防につながるでしょう。
生活習慣に着目した癌の予防方法を示す世界保健機関によれば、たばこの煙を避けたり、バランスが取れた食生活や適度な運動により、癌による死亡の4割が予防可能であったと報告されています。
とりわけ喫煙は予防可能な死亡原因の最たるもので、肺癌の9割近くに及ぶとともに、受動喫煙も肺癌を引き起こす原因となっています。


このPostをシェアする