血液をきれいにする意義と癌の発症を妨げることとの関係性が理解できる情報サイト

食生活のバランスを考えることが癌の発症を防ぐことにつながる

偏った食生活が取り返しのつかないことに

血液の汚れとはその流れが悪く、滞留しがちな状態を意味します。
いわゆるドロドロな状態がイメージできるでしょう。
このドロドロになってしまう原因の一つに、肉や卵などの動物性食品の過剰摂取が挙げられます。
これらを食べすぎると、肝臓で適切な分解ができなくなって、血液中に許容限度を超えた中性脂肪や悪玉コレステロールが大量に発生します。
分解できなくなった悪玉コレステロールが血管内の壁に付着することで、血管内を狭めてしまうので、血流が悪くなります。

血液の汚れは、すぐに起こるものではありません。
相当の時間をかけて、ある時、いつの間にか血液が汚れていたというようなケースが大半です。
さらに、血液の汚れていく経過を自覚することが難しく、汚れた時にようやく気が付くものなのでかなり厄介です。
動物性食品の過剰摂取には常日頃から意識的に注意して、自制しなければなりません。

血流を良くするために心がけたいこととは

血液をきれいにするために最も効果的な方法は、腸内環境を整えることです。
腸内環境を整えるうえで欠かせないたんぱく質には、酵素があります。
酵素はおよそ3000種類ありますが、このなかには取り入れた食べ物を大腸で消化する役割を果たすものがあります。
この酵素によって腸内から栄養分を吸収します。

腸内での消化には許容限度があり、それを超えると未消化の食べ物が腐敗した状態で滞留します。
これが便秘で、腐敗に伴う有毒ガスなどが大腸の粘膜から吸収されることで血液の汚れの原因になりますので注意が必要です。
また、血液のなかにもさまざまな酵素が存在し、流れが悪くなった血液の汚れを分解してくれる酵素もあります。
血液をきれいにする役割などを担う酵素は野菜などの食物から補給できますが、加熱してしまうとそこからは酵素を摂取できません。
酵母菌や麹菌が含まれた食物には、腸内で大量の酵素を作り出す機能があるのでおすすめです。


このPostをシェアする