血液をきれいにすれば癌は治るのか

血液をきれいにする意義と癌の発症を妨げることとの関係性が理解できる情報サイト

血液がきれいになれば健康を取り戻すことができる

人は、食べ物の好みが変わるなど食生活が変わることで体内の血液の性状も変わると言われています。
確かに、緑黄色野菜を多く食する人と肉などの動物性食品を多く食する人では、血液の中身は異なるようです。
野菜には体内の血管や細胞を活性酸素から守る抗酸化物質などの成分が含まれていて、これを多く摂取する人の血液は鮮やかな赤色であり、粘り度が低くてサラサラです。
一方、肉食が多い人の体内には消化しきれなかった老廃物などが滞留しやすいことから、その血液は粘り度が高くてネバネバです。
癌に罹りにくいのは、明らかに野菜中心の食生活でしょう。
けれども、野菜のみの食生活は現実的ではありません。
そこで、以前よりも野菜の摂取を増やしたり、あるいは肉食を減らすことを意識して食事をとるとよいでしょう。
この取り組みにより、食物を消化吸収する胃腸の働きが良くなるとともに、吸収した栄養を体の隅々まで行き届くように血液の循環も良くなります。
さらに、細胞や組織に係る新陳代謝や免疫力も活発になるので、自律神経やホルモンが正常に機能して身体全体の調和が保たれる結果、癌の予防やその治療の効果を高めることが期待できます。

血液は食物などの摂取のみならず、精神的なストレスなどによっても影響を受けることがあります。
悩みや不安などを抱えて精神的に不安定になると、血液の流れも悪くなって滞りがちになります。
精神的なストレスが極端にかかると、大腸の働きが鈍ることで、腸内の悪玉菌が増えてしまって、その毒素が血液に入り込むため、その粘り度が高くなります。
癌の発症にも少なからず影響すると考えられることから、過度のストレスには気を付けなければなりません。